【ペアーズ攻略】ペアーズ(pairs)に潜む業者の見分け方は?サクラの撃退方法もご紹介!

ペアーズ攻略法

数多くのカップルを誕生させてきた人気マッチングアプリ・ペアーズ。
リアルで出会いがない人・好みの異性となかなか巡り会えない人の駆け込み寺的存在です。

ただ、マッチングアプリを使うとなるとサクラや業者の存在が気になりますよね。

相手が本物の一般会員なのか?あるいはサクラ・業者なのか?
うまく見分けられる自信がない…という人も多いでしょう。

そこで今回は、ペアーズのサクラ・業者の見分け方についてご紹介!

サクラや業者の被害に遭いたくない人は必見ですよ~!

スポンサーリンク
マッチング_一週間無料

ペアーズにサクラはいるの?

ペアーズでのマッチングがうまくいかないと、ついつい

「どうせサクラばっかりなんじゃないの?」

と思ってしまうでしょう。

やはりネットの出会い系というと、どうしてもサクラのイメージがつきまといますしね。

評判のいいマッチングアプリにもサクラはいるんだな~…と思うと、望みが薄れていくものです。

しかしペアーズにはサクラはいません!

そもそもサクラとは、運営会社が雇うバイトです。
「サイトを盛り上げるために頑張ってくれ!」として、なりすまし用アカウントをバイト(サクラ)に提供するわけです。

つまりサクラはヤラセ要員なんですよ。

しかしペアーズは、累計会員数1,000万人超えの大型マッチングアプリです。
ヤラセなんてしなくてもすでに盛り上がっているので(笑)サクラを雇う必要などありません。

むしろサクラなんて雇ったら、評判が落ちてせっかくの人気や盛り上がりが下降してしまうでしょう。
これではメリットどころかデメリットにしかなりませんよね。

サクラを用意するという姑息なマネはせず、一般会員を増やしてどんどん実績を作る!

こうした健全な運営を行っている点も、ペアーズの長所のひとつですね。

ペアーズで注意すべきはサクラよりも業者

サクラがいないからといって油断はできません。
なぜならペアーズには、業者が紛れ込んでいるからです。

つまり「サクラはいないけど業者はいる」ということですね。

そのためペアーズで注意すべきは、むしろサクラよりも業者なんです。

時おり業者とサクラを一緒くたにする人もいますが、この両者は全くの別もの。

・サクラは運営が雇ったヤラセ会員
・業者は外部からやって来た詐欺・誘導目的の会員

 

このように、一見似ているようでも全然違うんです。

 

サクラも嫌だけど業者も怖いよな~
だったらペアーズ以外のアプリを使おうかな

 

 

そう思う人もいるかもしれませんが、残念ながら業者はどこのアプリにも生息しています。

サクラは運営元によるヤラセなので、それこそペアーズのような優良アプリを使えば回避できますけどね。
業者は運営無関係の悪人連中ですから、こればっかりはどうにもなりません。

いわば会員だけではなく運営元も迷惑している存在なんです。

ペアーズのような優良アプリでも対処しきれない業者…本当に厄介ですね。

実はサクラじゃなかった!?勘違いしやすいケース

ペアーズの男性会員の中には、「サクラだらけで困ってる」と嘆く人もいます。

しかし当記事でも説明したように、ペアーズのような大型優良アプリでサクラを雇うメリットはありません。

サクラがいないはずのペアーズに対し、何故こうした嘆きの声が挙がるのか?

実は一般会員のことを「コイツはサクラだ!」と勘違いしているケースも多いんです。

1通目以降の返信が途切れる

メッセージをくれたのは最初の1通目だけで、それ以降は音沙汰なし。
これはサクラにありがちな手口ですね。
そのため1通目でそれっきりになると、「サクラだ」と思ってしまう男性が多いようです。

しかし、基本的にマッチングアプリの女性はモテモテ状態です。
登録すると多くの男性からメッセージが届くので、「もはや読むだけで精一杯」なんてことも。

それでも頑張って返信をして、1日に何人もの男性と並行して会話を進めているわけです。
複数の男性と話していれば、「返信しにくいな」と感じる人も出てくるでしょう。

つまり話していて魅力を感じないと、1通目以降も続けて返信する気が鈍るのです。

返信が途切れた=サクラだと決めつける前に、自分のやりとり内容に不備がなかったかどうか?見直してみることも大切ですね…。

いいねに無反応

ペアーズでは、いいねを送る・もらうという流れがとても重要です。
そのためいいねに対し無反応な状態が続くと、男性は悩みまくります。

やがて苦しみが頂点に達すると

こんなに無視されるなんておかしい!

サクラばかりだからでは?

こうした結論にたどり着くのです。

しかしペアーズでいいねをもらえないのは、ハッキリ言ってよくあること。
だからこそ、皆いいねが集まるよう試行錯誤して頑張っているのです。

厳しいようですが、女性は魅力のない男性に対しいいねを送りません。

自分に原因があるのに、相手をサクラだと決めつけてしまうのはNGですね。

ペアーズにいる業者・サクラの見分け方10選

業者・サクラは、ネットでの出会い探しを妨げる非常に厄介な存在です。
特に業者は完全排除が難しいため、ユーザー側がしっかり見極めて回避しなければなりません。

そこでここでは、ペアーズにいる悪徳業者の見分け方をご紹介します。

プロフィールが適当

たくさんの会員を騙すために、業者は数多くのアカウントを所持しています。
まさに質より量なので、どのアカウントも中身はスッカスカ。
プロフィールの基本項目もほぼ埋めておらず、とりあえず用意しました感が満載です。
「ただ騙すだけなんだから熱心に作りこんじゃいられない」ってところなんでしょう。

そのため適当なプロフィールには要注意です。

エロが漂う自己紹介文

ペアーズで女性会員のプロフィールを見ていると、妙にエロを感じるものがあったりします。
例えば処女です宣言など(笑)いきなりそれ書く?という性的な自己紹介文は危険です。
エロな香りを漂わせて男性を釣ろうとする、業者の魂胆が丸見えと言えます。

興奮してホイホイ釣られないよう気を付けましょう。

写真のレベルが高すぎる

性的な自己紹介文と同様、魅力的なビジュアルも会員を引き寄せやすいです。

そのため、モデル並みの高レベルなプロフィール写真も怪しいと言えます。

 

でも本当に美人な会員もいるのでは?

 

 

確かにそうなんですが、業者の写真はちょっと独特なんですよ。

・プロが撮ったかのような雰囲気
・1枚だけで他のカットがない
・露出度が高い

こうした特徴も兼ね備えています。

まだ無名の美人なタレントさん・モデルさんの写真を勝手に利用するのですから、悪質ですね。

やたら退会アピール

プロフィール・つぶやきで退会アピールをしている会員も、業者の可能性大でしょう。
これは「今を逃したらもう会えない」と思わせることが狙いです。

例えば応募したい懸賞・キャンペーンで「もうすぐ締め切り」と言われたら焦りませんか?それと同じです。
しかし業者の場合は人を騙す目的ですからね、本当にタチが悪いです。

人間心理をうまく突いた作戦ではありますが…。
退会アピールの罠にまんまと引っ掛からないよう、ご注意を!

「自由」「副業」というワードが目立つ

勧誘系の業者が好んで使うワードがあります。

例えば

・自由
・副業
・夢
・ビジネス

こんな感じのワードが目立つ場合は要注意!

マルチ勧誘系の業者である可能性が高いです。

これに高収入アピールも合わさったら、うさん臭ささらにアップですね。

参加コミュニティが少ない

ペアーズで出会いを求める会員の多くは、コミュニティに入っています。

・同じ趣味や価値観の会員と出会える
・共通項があるとアプローチしやすい&されやすい
・「自分はこんなものが好きです」という自己紹介代わりにもなる

このようなメリットがあるので、大抵の人は参加するわけです。

しかし業者は、相手の趣味や価値観など気にしません。
そりゃそうですよね、騙せれば誰でもいいのですから…。

そのため業者がコミュニティに参加することはほとんどなし。

参加コミュニティが少ない会員は怪しいので気を付けましょう。

メッセージに違和感あり

メッセージのやりとりをしていて、何かしらの違和感を覚えたら危険です。

・会話が噛み合わない
・いつも返信が1分以内
・なぜか毎回ものすごい長文が来る

業者は多くのターゲットと同時進行でやりとりを進めています。
そのため定型文を使ってパパッとメッセージを仕上げることがほとんど。
会話が噛み合わない・返信が妙に早いというのはコレが原因でしょう。

また「絶対騙してやるぞ」という間違った前向きさを持っているので、やりとりにおいてもやたらポジティブ。
熱のこもった長文を毎回送ってくるのもそのせいです。

すぐに連絡先交換を希望

まだ親しくない相手に、自分のプライベートな情報を教えるのは抵抗がありますよね。
特に女性の場合ならなおさらです。
しかし業者はむしろ逆で、すぐに連絡先を交換しようとします。
業者からすると、ペアーズ内でダラダラやりとりするのは時間の無駄なのでしょう。

コチラが引いてしまうほどに急かしてくるので、わかりやすいと言えばわかりやすいです(笑)

デートに誘ってもスルー

ペアーズなどのマッチングアプリで仲良くなった男女は、最終的にデートへ発展します。
彼氏彼女を希望している者同士なのですから、当然の流れですね。
自分から切り出すのが恥ずかしい…という女性も、誘われる形ならば喜んでOKしてくれるでしょう。

しかし業者は、デートに誘っても華麗にスルーします。
「こんなにやりとりが続いて仲良くなれたのにどうして?」と、疑問を感じずにはいられないスルーっぷり。
わざわざデートなんか行ってられるか~というところなんでしょうね。

外部へ誘導してくる

デートのお誘いはスルーするのに、外部アプリ・SNSへの誘導は積極的!
これも業者ならではの特徴でしょう。

どんなに好感を持っても、外部への誘導が出たらその時点でアウト。
「出会いではなく誘導なんだ」と冷静に理解し、連絡を控えましょう。

ペアーズに生息する業者の目的とは

ペアーズで活動する業者たちは、一体なにが狙いなのでしょうか?

ペアーズに生息する業者の目的をまとめてみると、

・個人情報収集
・外部サイトへの誘導
・宗教系勧誘
・ビジネス系勧誘
・詐欺(保険・投資・ローンなど)
・美人局
・売春あっせん

詐欺や美人局など、金銭的な部分でダメージを受けそうなものも結構ありますね。

ちなみに特に多いのは、外部サイトへの誘導系だとか。

ま、コレが一番マシっていうのはないですけどね…(笑)
どれも引っ掛かりたくない悪質なものばかりです。

業者の見分け方を駆使して、相手が怪しいか否かをしっかり見極めていきましょう!

ペアーズの業者がよく使うありがちなフレーズ

ペアーズにいる業者は、言葉巧みに会員を騙そうとします。

・副業とか興味ない?
・ラインの調子悪いから他のアプリでやりとりしたいな
・すごい人を知ってるから紹介したいんだよね~
・有名人も来るセミナーがあるんだけどどう?
・今度すごく楽しいホームパーティーがあるから来て!

これ系のフレーズは、業者たちが好んで使う騙し文句です。

そもそもペアーズは、異性との出会いを目的としたマッチングアプリですよね。

恋活系マッチングアプリを使って、副業・紹介・セミナー・パーティーだなんて…。

冷静に考えればおかしな話です。

また他アプリへ誘導するためなら、ラインの調子云々という嘘も平気でかましてきます。

くれぐれも軽はずみにOKしないよう、ご注意ください。

怪しい人物を発見したらすぐペアーズに通報を

ペアーズでは、怪しい人物がいないか常に監視の目を光らせています。
そのため少しでも違和感を覚えたら、放置せずペアーズに通報してみましょう。
ペアーズ側も業者にはほとほと迷惑しているので、ユーザーの協力的な姿勢はとても助かるはずです。

また業者と思しき危険人物を放っておくと、別の人が被害に遭ってしまうかもしれません。
自分のためだけではなく、他の会員のためにも、怪しいと感じたらすぐ通報しましょう。

ただペアーズでは、ブロックされると通報できない仕組みになっています。
つまり業者が「ヤバイな」と察しあなたをブロックすると、あなたは通報できなくなるのです。

そのため通報するなら、やりとり真っ最中の時がベスト。
業者が油断しているスキに通報することをオススメします。

ペアーズでの通報のやり方は以下の通りです。

・相手のプロフィールにある「違反報告」をクリック
・違反項目を選択
・詳しい違反内容を記入
・内容を確認して送信

ペアーズは、通報を受けると即調査に乗り出してくれます。
おかしいなと感じたら、思い切って通報してみてくださいね。

コメント